大阪豊中市(長興寺北)の山本歯科です。山本歯科は予防をベースにした歯科医院をめざしています。わたしたちと一緒にムシバや歯周病を予防しましょう。  豊中市の歯医者は山本歯科へ

矯正歯科

矯正歯科

健康と素敵な笑顔の為に・・・

きれいな歯並びは、美しさだけでなく、噛み合わせによる全身への影響(肩こり、消化器系への負担軽減等)や歯の寿命にとっても重要なことです。
肩こり、顎の痛み、体調の不良等の問題はありませんか?
歯並びを治す矯正歯科治療は、歯に直接力をかけて美しい歯並びにすると同時に正しい噛み合わせを取り戻し、健康な身体と心を獲得する為の歯科治療です。


矯正歯科の歯
すきっ歯

歯と歯の間にすきまができている状態。あごの大きさに比べて歯が小さすぎたり、歯の数が足りないとき、舌を歯に当てる癖などが原因です。



かみあわせが深い
歯をかみ合わせた時に下の前歯がほとんど見えない状態。
上下のあごの成長の差や、奥歯がなくなったりしたのが原因です。



受け口

下の歯やあごが前に出ている状態。下あごのほうが大きく成長した場合や、 永久歯に生え変わる時期に、かみ合わせが逆になったことなどが原因。

乱ぐい歯、ハ重歯

外側にはみ出して生えるなど(糸切り歯の場合に八重歯という)、乱れている歯並びのことで、叢生とも。小さいあご、乳歯のひどいむし歯などが原因。


上下がかみ合わない

奥歯がかみ合っているのに上下の前歯が開いたままの状態で開曖という。指しゃぶりや歯の間から舌を出すくせ、あごの成長不足などが主な原因。

口もとが突き出ている

出っ歯や受け口のようにどちらか一方ではなく、上下の前歯が斜めに出ているため、口もとが飛び出て見える状態。あごの成長の過不足が主な原因。


出っ歯

上の歯やあごが前に出ている状態。上下のあごの成長に差があって、上あごが大きい場合や、爪曖み、指しゃぶり、口で息をするくせなどが原因。


矯正治療の手順
1. 初診相談  予約制(木曜日)

2. 校査
 歯並びと、正面・側面の写真、レントゲン撮影、歯型をとります。 歯の根の状態や、埋まって
 いる親知らずがあるか、あごの様子はどうなっているかなどを調べます。 約1時間

3. 診断
 検査後、レントゲン、写真、歯型を見ながら今の歯並びの状態を知っていただき、細かい治療計画を説明します。 このとき歯を抜かなければならないかどうか、またどの歯を抜くのかがわかります。 約30分

4. 矯正装置の装着
 奥の歯から順番に装置をつけていきます。慣れるまでの1週間は歯が浮いた感じがして、かみにくくなります。試験前や、大切な行事が前もってわかっている場合は、終わってから装置を装着するようにしますので、あらかじめ予定をお知らせください。 約2時間

5. 通院
 3~4週問に一度通院して、ワイヤーを締め直したり、太いワイヤーに交換したりすることで、歯を少しずつ動かしていきます。全体的な矯正治療に入る前の、あごの成長をコントロールしている場合は、ヘッドギアーやチンキャップなどの頭につける装置を調節したり、ゴム輪の交換をします。 約30分~1時間

6. 矯正装置の撤去
 歯並びの移動が完了したら、矯正装置をとりはずします。様子をみながら部分的にはずしていくこともあります。 約1時間30分~2時間

7. 保定
 矯正装置をはずした時点では、まだ歯を支える骨がしっかりしていないため、そのままにしておくと元の位置に戻ってしまいます。これを防ぐために、きれいな歯並びを固定するリテーナ(保定装置)をはめます。保定期問は、歯を移動させてきたのと同じ約2年です。最初の1年間は、食事時と歯を磨く時以外はずっとつけたままですが、その後装着時問は徐々に短くなっていきます。保定期間中に来院していただくのは、矯正装置撤去後1か月、3か月、6か月、1年、1年半、2年の計6回の予定です。


矯正治療を開始する前の口腔内の状態によっては、矯正治療に制約を受けることがあります。また、良い治療結果を得るためには患者さん自身とご家族の方の理解と協力が必要です。

歯磨きについて
歯磨きが不十分な場合、歯の表面が溶け、むし歯になったり歯ぐきの炎症の原因となります。歯磨き指導の通りに、家庭や学校で毎食後の歯磨きをしないでむし歯になったり、歯ぐきの炎症がひどくなってきた場合には矯正装置を撤去して治療を中断しなければなりません。
 歯磨きが不十分な場合には治療期間が延びるだけでなく治療結果にも影響してきますので、一日でも早く矯正治療が終わり素敵な笑顔になるようにがんばって歯磨きをしましょう。

永久歯の抜歯について
矯正治療のために永久歯を抜く場合があります。それは歯の大きさとあごの大きさが明らかにつり合わず、そのままの歯の数ではどうしても良いかみ合わせや美しい口元を得ることができない時です。この場合歯の数を減らすことは噛む力を弱めたり、身体に害を及ぼすことにはなりません。歯を抜くことは不快なことですが、矯正治療を進める上においてどうしても必要な場合があることをご理解下さい。


矯正治療についてわからないこと、お悩みのことなどがありましたらいつでもご相談下さい。