歯周病治療、予防歯科を重視する山本歯科です。歯周病のあらゆる治療をしています。歯槽膿漏(歯周病)でお悩みなら豊中市の山本歯科におまかせください。豊中市の曽根、緑地公園、岡町近くです。

歯周病治療

歯周病(歯槽膿漏)は大きく分けて、歯肉炎と歯周炎にわけられます。
 日本人の場合、歯肉炎は10~20代前半ですでに60%のかたがかかっているといわれ、50才代でおおよそ80%の人がかかっているといわれるほど、多くの方が悩んでいる歯の病気です。だれもがかかっている病気だからといって軽視していると最後には取り返しのつかないことになってしまう怖い病気です。

 歯槽膿漏は「静かなる病気」と呼ばれるほど、自覚症状がほとんど感じられない病気で、気づいたときには、歯の土台(歯槽骨)がボロボロになり、重症になっているケースも少なくありません。そうなってしまえばまともに食事すらできなくなってしまいます。
 歯周病を予防するには、早期発見、早期治療がキーとなります。かかりつけの歯科医院に少なくとも半年に一度受診されることをお勧めいたします。

 歯槽膿漏はこんなに怖い病気です。
ここで歯槽膿漏について述べてみたいと思います。
 歯槽膿漏の言葉の由来は歯ぐきの中で歯の根っこを支えている歯槽骨のあたりから、膿が漏れ出してくることから、一般的にはそう呼ばれるようになってきました。現在、歯科医には辺緑性歯周炎または歯周病と呼ばれています。
 歯槽膿漏とはつまり歯ではなく歯のまわり歯ぐきの病気というわけです。

歯周病の原因

歯周病の直接的な原因はプラークですが、その他さまざまな因子がかかわっているといわれています。プラークは虫歯や歯周病の原因となります。食べかす(歯くそ)のように思われがちですが、そうではなくて虫歯菌や歯周病菌をはじめとするさまざまな微生物のかたまりで、プラーク1㎎のなかに1億個の微生物がいるといわれております。歯周病はそのなかの歯周病菌がひきおこす病気なのです。

歯石といわれるものはプラークが石灰化して硬くなったもので、表面がざらざらしているのでそのうえからプラークがついてどんどん増加していきます。歯ブラシではとれませんので、歯科医院で除去してもらう必要があります。
その他の因子としては、喫煙をされている方~タバコをすっている方は血流が悪くなるので、歯周病が進みやすく、いったん炎症がおきてしまうとなおりづらく、プラークもつきやすくなり、歯肉のの色も黒ずんできます。
 糖尿病の方~身体の抵抗力が低下するため、歯周病も急速に悪化させるといわれています。
 女性の思春期、妊娠、更年期~女性ホルモンの影響で歯肉に炎症をおこしやすいといわれています。
ストレス~ストレスにより歯軋りなどしたり、身体の抵抗力が低下して炎症をおこしやすくなるといわれています。

 口呼吸の方~お口での呼吸をされているかたは、お口の中が乾燥しやすくなり、炎症をおこしやすくなるといわれています。

 食生活~やわらかくてあまいものばかり食べているとプラークができやすくなり、偏食をすると栄養摂取が不十分になり身体の抵抗力が低下します。

 歯並びの悪い方~歯ブラシが十分いきとどかなくなって、プラークがつきやすくなります。

歯周病の治療の流れ

1.精密検査
 歯周ポケットの測定
レントゲン診断
 問診(局所的、全体的なご病気)
かみ合わせのチェック

2.スケーリング・ブラッシング指導
 精密検査の結果をもとにまずは歯の表面のプラークの除石を行います。
 同時に歯みがき指導を十分に行います。

3.ルートプレーニング
精密検査の結果をもとに1回につき3~4歯ずつ歯肉の表面に麻酔をして歯肉の中に隠れている歯石を丁寧にかき取ります。この治療を炎症が強い部位に行います。

4.再評価
ルートプレーニング終了後に炎症がどの程度改善されているか再び精密検査を行います。

5.再評価後
 炎症が落ち着いて症状の改善が見られる部位はメインテナンスヘ。
 炎症がまだ残っていて症状の改善が認められない部位は、歯周外科手術、歯周組織再生療法を行います。

歯周病の予防には

P・M・T・C(プロフェショナル・メディカル・トゥース・クリーニング)が有効です。
 虫歯や歯周病の原因のーつにプラーク(ネバネバしたお口の中の細菌のかたまり)があります。 歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目、歯並びの悪いところのプラークは毎日きちんとブラッシングしていても完肇に落とすことはできません。そこで自分自身でのブラッシングに加えて、診療室での定期的なお口のお掃除が必要なのです。
それがP・M・T・C!!

P・M・T・Cの手順

歯垢・歯石を除去  豊中市で予防歯科
1.口腔内チェックと歯垢・歯石を除去

まずは歯と歯肉の状態を検査
 染め出し液を使って、磨き残しやタバコ・コーヒー・お茶などによる沈着物、歯石がついているかどうかをチェックし、ついていればそれを取り除きます。
クリーニング 豊中市 曽根 緑地公園の予防歯科
2.クリーニング
特別な器具を使って、歯の表面、歯と歯の間、つけ根の部分を1本づつ丁寧に磨き上げていきます。
三角チップ→デンタルフロス→ブラシ→ラバーカップと段階をふんで進めます。
フッ素塗布 豊中市の予防歯科 ムシバ予防
3.フッ素塗布

 綺麗に仕上がった歯にフッ素を塗ります。
フッ素を塗った後の1時間は食事が出来ません。
※普段の歯磨剤もフッ素入りが有効です。


P・M・T・Cの効果

1.歯が白くなる!
   表面についたタバコのヤニ、茶シブなどの汚れが落ちます。

2.歯肉が健康になる!
   歯のつけ根にひそんでいる細菌が減り、歯肉が引き締まります。

3.虫歯が防げる!
   虫歯のエサになるプラークがなくなるので、虫歯とさよなら~。

 半年に1度はP・M・T・Cを受けられることをお勧めします

歯周外科

ほとんどの方の歯周病はブラッシングの仕方を的確に覚えて毎日続けることと、歯科医院での歯石除去などの治療で改善します。
ですが、歯周病がかなり進んでしまった場合などは外科的に歯茎にメスを入れてブヨブヨになってしまった歯肉を切除したり、深くなってしまった歯周ポケットを浅くしたりする外科的な治療をする場合もあります。
最近では、特別な薬剤により外科的な治療をしなくても内科的に改善させることも可能になっております。



歯周内科

アジスロマイシン(ジスロマック)
全身に入ってしまった歯周病菌を血中から殺菌する抗生剤です。
歯周病菌は全身に悪影響を及ぼすといわれておりそのリスクを下げるために服用します。

ハリゾン
深い歯周ポケットの中にはカンジダ菌などのカビの一種が住み着いていることがわかっています。
そのカンジダ菌に有効な抗菌薬で歯磨きをすることで歯周ポケットを浅く改善させます。