0歳児から乳幼児のムシバ予防、健診など治療の苦手なお子様にも無理せず少しずつ治療します。豊中市で小児歯科にも力を入れている山本歯科。豊中市の山本歯科はお子様にも安心して治療を受けれるように工夫します。

小児歯科

小児歯科

小児歯科 豊中市曽根 緑地公園の歯医者
お子さんのお口に関する悩みなど何でもご相談ください。
 泣いたり暴れたりして、なかなか虫歯の治療ができない場合も、一緒に頑張ってみましょう。
 小児歯科とは子供の虫歯予防.虫歯治療,歯ならびの治療そして歯周病の予防と治療などを行うところです。

子供の虫歯の特徴
 子供の虫歯の特徴はなんといっても進行が早いことです。一概に言えませんがお子さんによっては信じられないぐらいのスピードで虫歯が進行します(もちろん虫歯のない子や虫歯の進行が遅い子もいますが)。特に4~5歳ぐらいまでは十分に気をつけなくてはいけません。
虫歯になりやすい場所
つぎにあげられる子供の虫歯の特徴は年齢によって虫歯のできやすい場所に違いがあることです。
 1~2歳にかけては上の前歯が、2~3歳は奥歯のかみあわせの溝、4歳頃はいちばん奥とその手前の奥歯の接している部分が虫歯になりやすいです。
 6歳前後では、はえたばかりの奥歯(第一大臼歯または6歳臼歯といいます)の溝のところがむしばになりやすいです。

年齢に対応した虫歯になりやすい場所を知っておくということは虫歯予防の上で大切なことです。

曽根 緑地公園の小児歯科
小児歯科 豊中市曽根 緑地公園の歯医者



むし歯菌伝播予防対策

1.家族で歯磨き粉を別々に用意する。(同じチューブを使用しない)

2.スプーンやお箸など口に入れるものは何も家族間で共有しない。

3.定期的に歯科検診を受け、クリーニング等を受ける。

4.赤ちゃんの歯が生え始めたら歯磨きを開始する。

5.キシリトールガムを噛む。

もともと無菌状態の赤ちゃんのお口の中にむし歯菌が住み着くのは周りの大人のむし歯菌が移ったものです。家族間で伝播してしまいやすいので、虫歯にならないようにするためには小さなうちは要注意です。

お子様の治療について

小学生以下のお子様(12歳以下)については特に、治療を少しずつさせていただいております。長時間の治療はお子様にとってストレスも多いので次につながりにくいことや、大人に比べて痛みなどにも我慢できないことも多いので少しずつさせていただくことが多いです。また、簡単な処置はおひとりで来られても治療可能ですが、できる限り保護者の方に一緒に来院していただき説明などさせていただきたいと思います。

カムカムクラブ

治療終了後は記念撮影豊中市(緑地公園 曽根)の山本歯科 キッズルーム