画像をできるだけ多くわかりやすい説明の山本歯科院長のブログです。豊中市の山本歯科では丁寧な説明をモットーにしています。豊中市近辺で安心の治療と説明をする山本歯科。予防をベースに丁寧な治療をさせていただきます。

お知らせスタッフ募集
院長のブログスタッフのブログ
歯医者何でもQ&A

お電話対応

携帯の方はクリックして下さい。
06-6858-8011

山本歯科

〒561-0875
大阪府豊中市長興寺北3-2-8-101
TEL&FAX 06-6858-8011
RSS

キッズルーム



キッズルームに飾っているお子様たちのの写真もイッパイになってきました。
3か月に一度、写真を更新していますが、虫歯のないお子様たちも増えています。
写真をお渡しするときの笑顔がみんなかわいいです。
2017-10-16 07:50:01

院内新聞発行中❗




スタッフが院内新聞を作りました。いつも、がんばって作ってくれます。
今回は、舌磨き、スクワット、間違い探し、歯周内科治療、滅菌対策について記載しています。
しばらくお配りしておりますが、待合室にも置いていますので是非ごらんください。
2017-10-07 08:17:02

虫歯予防 (4)


今回はフッ素塗布について
フッ素塗布はムシバ予防として日本でも確立されてきました。
フッ素は歯の表面のエナメル質の成分と結合してフルオロアパタイトという更に硬い構造にすることがわかっています。硬ければそれだけ酸により溶かされにくいということです。
また初期のムシバであればフッ素により再石灰化を促進することもわかっています。酸により溶かされ始めたムシバを修復する力があります。
虫歯菌の活動を抑制する働きもあるので、正しい食生活習慣、正しい歯磨き、キシリトールの摂取などとバランスよく習慣化ができればムシバをうまくコントロールできるようになってきています。
2017-09-25 12:28:28

虫歯予防(3)


虫歯予防のお話3回目です。
今回はキシリトールについてです。
キシリトールが虫歯の予防に効果的であるということがわかって日本で認可されてかなりたちます。
ただ日本では残念ながら正しいキシリトールの知識がまだ浸透されていません。
正しくいい使い方をすればキシリトールは虫歯予防の強い味方になります。
ただキシリトールのガムさえ噛めば虫歯が減ると思っておられる方が多いみたいです。
キシリトールは虫歯の原因になってしまう酸にほとんどならないし、虫歯菌の働きを抑制する効果があります。
キシリトール100%配合のガムを毎日毎食後続ける。そうすると2週間で歯垢がつきにくくなる。3か月で虫歯ができにくくなることがわかっています。1日に5グラムのキシリトール摂取が効果的であると言われます。
5グラムといえば市販のキシリトール100%ガムなら10粒です。各歯科医院で販売されている歯科医院専売のガムなら5粒です。
毎日毎食後に続けなければ効果は減ります。
また、市販されているガムにはキシリトールとともに砂糖も入っている場合がありますので、砂糖が入っていれば効果は期待できませんから、注意してください。
間食などの食生活の工夫、歯磨きの仕方などを正しく行ったうえで、キシリトールの効果的な摂取は有効なムシバの予防法です。
将来、歯を失って入れ歯などに少しでもならないように子供のころから正しいキシリトールの摂取法を知ってもらいたいと思います。
2017-09-13 08:43:55

虫歯予防(2)


前回、虫歯予防(1)では食生活を規則正しくしていくことがムシバ予防には非常に重要であることを説明しました。

今回は歯磨きについて説明したいと思います。

虫歯が最もできやすい部分、それは歯と歯の間です。
歯と隣の歯がぶつかりあっているので普通の歯ブラシだけでは磨きにくく、デンタルフロスや歯間ブラシをうまく使用しないとなかなか予防しにくいのは事実です。

毎日、歯磨きをするときに歯と歯の間を意識して歯磨きをしていただきたいと思います。
2017-09-04 08:16:32

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ