山本歯科院長のブログです。豊中市の山本歯科では丁寧な説明をモットーにしています。豊中市近辺(曽根、岡町、桜塚、緑地公園、城山町)で安心の治療と説明をする山本歯科。予防をベースに丁寧な治療をさせていただきます。

お知らせスタッフ募集
院長のブログスタッフのブログ
歯医者何でもQ&A

お電話対応

携帯の方はクリックして下さい。
06-6858-8011

山本歯科

〒561-0875
大阪府豊中市長興寺北3-2-8-101
TEL&FAX 06-6858-8011
RSS

歯周内科


今回は歯周病と歯周病治療のお話です。
歯科と言えばムシバと歯周病が二大疾患です。
歯周病の初期の段階では歯を磨くときに血が出たり歯茎がムズムズするといった症状しかありません。
しかし歯周病がさらに進行すると歯がグラグラしてきたり食べ物が歯に詰まりやすくなってきたり噛むと痛みが出てきたりします。ほとんどの方がこの段階でようやく「まずい!」と思い歯科医院へ駆け込みます。
ですが、これではておくれなのです。自覚症状が出てきている歯周病ではすでに歯を支えている骨(歯槽骨)が溶かされてきています。この溶かされた歯槽骨を元通りにすることは最先端技術を用いても非常に難しく不可能と言っても過言ではありません。ですから歯周病の治療は「健康だった時の状態に戻す」のではなく「これ以上に進行しないようにする」ことが目的となります。
歯周病に関しては特に予防が大切になるのです。
歯周病の最大の原因はプラークです。プラークとは歯垢と言われます。お口の中の歯に付いたプラークを除去することが歯周病予防の最大のテーマです。それをプラークコントロールと言いますが、従来の方法は正しいブラッシング(歯ブラシ・歯間ブラシ・デンタルフロスなどを使用)と定期的な歯科医院でのメンテナンスでした。もちろん今でもこの方法は歯周病予防には欠かせません。
またかなり進行してしまった歯周病に対しては歯周外科といって外科的に治療する方法がありますが、現在では薬による驚くべき効果的な方法も生まれています。
今までは歯周病は薬ではほとんど進行を止められなかったのです。抗生剤では腫れや膿を減らすくらいでしたが歯周病菌以外にカンジダというカビの一種も歯周病に関与していることがわかってきました。
歯周病菌とカンジダの両方を同時に薬により少なくしていくことで短期間で歯周病の症状を改善できるようになってきました。
またこれらの薬は歯周病の予防効果も非常に高いことがわかってきました。


2019-12-16 08:20:35

知覚過敏


歯磨き粉のCMなどで「知覚過敏」という言葉を聞かれたことがあるかと思います。
冷たいものや温かいもの、酸味の強いものなどを飲食されたときや歯ブラシの毛先が当たった時などに歯の表面に「キーン」とした痛みが走ったことはありませんか?
知覚過敏はムシバとは違い一時的な痛みなのが特徴です。
知覚過敏は歯の表面を覆っているエナメル質が傷つき内面の象牙質が露出することで外部からの刺激を感じやすくします。
もしくは歯周病が進行し普通は歯茎に隠れている歯の根っこの部分が露出することでも起こります。
1・冷たいものを飲んだ時だけ、または歯ブラシで磨いた時だけ痛む
2・痛みが短時間でおさまる
このようなときは知覚過敏の可能性があります。

知覚過敏の原因
1・誤ったブラッシング(歯磨きを強くしすぎたり、大きく動かしたりしすぎると歯の表面のエナメル質が削られてしまいます)
2・歯ぎしり(睡眠中の歯ぎしりは歯と歯がこすれてエナメル質が摩耗してしまいます)
3・食べ物や飲み物(酸の強い食品を回数多く摂っていると酸によりエナメル質が溶かされてしまうことがあります)
4・歯磨き粉(研磨剤の入っている歯磨き粉をたくさんつけて磨くことは避けたほうがいいでしょう)

知覚過敏の予防法
1・歯磨き粉は研磨剤の入っていないものを選ぶか、歯磨き粉を使用せずに歯磨きを正しくする。
2・正しいブラッシング方法の指導を受ける。
3・歯ぎしりが原因の可能性が高い場合はマウスピース・ナイトガードを装着して寝る。
4・酸の強い飲食物を多く摂っているかたは回数を減らす。
などが効果的かと思います。
2019-12-11 07:45:08

ムシバにならないホントのお話(その3)


お口の中にムシバ菌が住んでいることを知っていますか?
お子さんのおられるかたは保健指導や歯科医院などでお聞きになったことがあると思いますが3歳までご家族と同じ食器やお箸、スプーンなど使わないようにして大人のムシバ菌をお子様に移さないように注意しましょうと言われたことがあると思います。
ムシバ菌はいったん住み着いてしまうと歯磨きをいくらがんばってもいなくならないことがわかっています。
ですがあきらめるのはまだ早いです。
現在では虫歯菌を減らしたりムシバ菌のチカラを弱くしていくとっておきの方法があるんです。
キシリトールは皆さん聞いたことはあるけど本当の使い方・能力を知らないかたがほとんどです。
ムシバ予防先進国の北欧の国ではずいぶん前から食後に毎日家族でキシリトールガムをかむ習慣がありムシバにならないかたが非常に多いのです。
キシリトールを毎日5グラム以上摂取すると3か月で虫歯菌が減っていくと言われています。またキシリトールを取り込んだムシバ菌は弱っていくこともわかっています。
5グラムというと市販の100%キシリトールガムなら10粒、歯科医院専売のものなら5粒です。
ムシバにたびたびなっているかたやお子様のムシバ予防にはとてもチカラを発揮します。
またキシリトールはムシバ菌にしか作用しないこともわかっています。キシリトールでお腹が痛くなるということはありません。
効果的な噛み方は食後3回プラス食間に数回で一回につき味がなくなっても5分以上噛み続けることが必要です。
期間を限定するのではなく毎日の習慣にすることで大切な歯をムシバ菌から予防することができます。

これもおすすめです
最新の虫歯菌除去療法がバクテリアセラピーと言われるものです。
お口の中の悪玉菌(虫歯菌・歯周病菌)をロイテリ菌という乳酸菌(善玉菌)と置き換える方法です。
就寝前に一日一粒舐めるだけで約2か月毎日使用することで効果が出ることがわかっています。
2019-12-06 08:20:26

ムシバにならないホントのお話(その2)


毎日しっかり食後には歯磨きしているし毎月歯医者に歯のクリーニングにも行ってるけど、またムシバになってしまった~こんな話も山本歯科でも時々聞きます。
なぜ??
これからお話しする内容はもしかしたら最も大切なのにあまり歯医者ではお聞きにならない話かもしれません。
ムシバにならないホントのお話(その2)は間食のお話です。

ここでいう間食とは肥満や栄養などのお話とは少し違うかもしれません。
ムシバにならないようにするための間食の摂り方についてお話します。
お口の中に食べ物でも飲み物でも含んでいる時間は実は歯が溶け始めているのです。水、お茶以外はほとんどダメです。砂糖でなくても糖分が少しでも入っている食品すべてムシバの原因になります。
しかし、そう簡単にムシバも進行するわけではありません。
なぜなら私たちの唾液には溶けた歯を固めるチカラがあるからなんです。これを再石灰化といいます。
逆に考えると再石灰化が終わる前に飲み物や食べ物をほんの少しでも口に入れれば再石灰化はされずまた歯が溶けていきます。
この繰り返しでムシバは少しずつ進行していきます。歯磨きをよくするのに虫歯になる頻度が多いかたはおそおそらく間食の回数が多いはずです。
ジュースひとくちでも、チョコレートひとかけらでものど飴一粒でもグミ1個でもムシバは進行していきます。
お子様の3時のおやつのように規則的に栄養源として一度にジュースとクッキーをたべるなどして間食の回数を減らすことが大切です。
3度の食事と3時のおやつだけならムシバになるリスクはそんなに高いことはないのです。
間食の回数がカギを握っています。
2019-11-30 07:04:35

ムシバにならないホントのお話(その1)


「歯医者の子供はムシバにならない」ってウワサ話をお聞きになったことはありませんか?
ホントでしょうか?
全くのウソです。
ただ歯医者の子供はムシバななりにくいのは事実かもしれません。
それはムシバを防ぐ方法をよく知っていてそれを日々、実践しているからなのです。
ムシバにならないために「歯磨き」を毎日しっかりするというかたはたくさんいます。
しかし、「ムシバにならない」ためにはいくつもの予防法を積み重ねなければなかなか予防できません。
歯医者は効果的な予防の知識があり家族にも実践させているのでムシバになりにくいのです。

今回のお話は「歯間」についてです。

歯と歯の間は一般の歯ブラシではほとんど磨けません。
ですがムシバや歯周病の原因となる菌や汚れは付着してしまいます。歯磨きは毎日何回もしているのになぜムシバにななるの?とよく聞かれます。
歯と歯の間の磨きが足りていないことが多いです。
毎日歯磨きと同じくらいデンタルフロスや歯間ブラシをしなければ歯と歯の間は汚れています。
わたしたち歯医者が治療している90%以上が歯と歯の間のムシバです。そして歯周病のほとんどが歯と歯の間の歯茎の炎症が原因で進行しています。
一般のかたと私たち歯医者では歯磨きするときの狙い目がそもそも違います。
多くの皆様が普通の歯ブラシで歯の外側と内側をこれでもかというくらいゴシゴシ磨いています。
歯医者は歯と歯の間をデンタルフロスや歯間ブラシなども併用しながら丁寧に磨いています。歯磨きだけとりあげてもこれだけ違います。
是非、歯と歯の間に意識を向けましょう。
ちなみに、こどものムシバの最も多くできる場所は乳歯の一番後ろの歯と後ろから2番目の歯の、歯と歯の間です。子どものムシバで最も気を付ける場所です。フロスしか磨けません。
2019-11-25 14:33:31

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ