画像をできるだけ多くわかりやすい説明の山本歯科院長のブログです。豊中市の山本歯科では丁寧な説明をモットーにしています。豊中市近辺で安心の治療と説明をする山本歯科。予防をベースに丁寧な治療をさせていただきます。

お知らせスタッフ募集
院長のブログスタッフのブログ
歯医者何でもQ&A

お電話対応

携帯の方はクリックして下さい。
06-6858-8011

山本歯科

〒561-0875
大阪府豊中市長興寺北3-2-8-101
TEL&FAX 06-6858-8011
RSS

子供のムシバ予防


5月5日はこどもの日
また、小学校や幼稚園では新学年も始まり、慣れてきたこの時期歯科検診もあります。
お子様のムシバ予防で大切なことがいくつかあります。正しい歯磨きを覚える。定期的に歯科医院でフッ素を塗るなどは、今ほとんどの方が実践していると思います。年々お子様のムシバの本数は全国的に減ってきています。
ただこれだけではなかなかムシバ予防できない場合も多くあります。
実は一番ムシバ予防で欠かせないので間食の摂り方です。お口の中にお水やお茶以外の食べ物、飲み物を入れると虫歯の原因となる糖を入れることになります。お口の中に物を入れてない時間に溶かされ始めた歯が再石灰化といって虫歯を自然修復しようとしています。間食が多いと再石灰化が起こらず歯が溶けていきます。
間食をチョビチョビ食べることは虫歯を増やしてしまいやすいのです。
いくら歯磨きをしても、虫歯ができる方は間食の摂り方がよくない場合がほとんどです。
間食の摂り方にも気を付けてください。いかに間食の回数を減らすかがポイントです。
また、キシリトールガムもムシバ予防には有効です。
キシリトール100%ガムを毎日、正しく摂取すれば、2か月で虫歯菌がかなり働きにくくなることがわかっています。
北欧の予防先進国ではムシバをできないようにするためにキシリトールガムを毎日食後に欠かさず噛む習慣があります。
キシリトールガムをうまく利用することで虫歯をかなり減らすことができます。是非、食後のキシリトール100%ガムを習慣化させてください。
2018-04-27 03:30:30

入れ歯の仮合わせ



本日は、入れ歯の仮合わせが、4例あります。
入れ歯は歯形を採ってから、噛み合わせを調べ、仮合わせを何度かしてから完成となります。
先日、すべての歯が抜けるまで一度も入れ歯を入れたことがない方が来院されました。いきなり、はじめての入れ歯が総入れ歯となると、慣れるのにも時間がかかります。入れ歯は完成したら終わりではなく、年に2~3回くらいはチェックし、調整しながら長く使用していただきたいと思います。放置しておくと修正できなくなり、新しく作り直すことになる場合が多いです。
2018-04-23 11:24:01

噛み合わせ



写真は下顎の奥歯が左右ともに3本ずつ喪失してしまわれたかたの部分入れ歯です。長年、入れ歯無しで過ごされてきましたが、6本失って、前歯中心で噛んでいると前歯に負担がかかりすぎて前歯も早くダメになってしまいます。歯が無くなってもまだ噛めるからいいやと思っていると、残っている歯にも負担が大きくなります。少しでも長く自分の歯を残しましょう!
2018-03-20 08:23:02

ご挨拶



今まで山本歯科の顔として勤務してくれた荒木さんが2月で退職しました。
いつかまた山本歯科に戻って来てくれることをまちのぞんでいます。
患者さまにもとても仲良くしてもらい、最後は涙イッパイの挨拶をしてくれました。
2018-03-02 07:41:02

長興寺ストリートmap




長興寺のアロマshopの方が、長興寺を活性化させたいという思いで長興寺の会社や店舗、診療所などを取材してmapを作ってくださいました。山本歯科も載せてもらってます!
2018-02-09 14:06:01

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ