山本歯科院長のブログです。豊中市の山本歯科では丁寧な説明をモットーにしています。豊中市近辺(曽根、岡町、桜塚、緑地公園、城山町)で安心の治療と説明をする山本歯科。予防をベースに丁寧な治療をさせていただきます。

お知らせスタッフ募集
院長のブログスタッフのブログ
歯医者何でもQ&A

お電話対応

携帯の方はクリックして下さい。
06-6858-8011

山本歯科

〒561-0875
大阪府豊中市長興寺北3-2-8-101
TEL&FAX 06-6858-8011
RSS

歯と口の健康週間


毎年6月4日からは歯と口の健康週間です。
サザエさんでも毎年6月の最初の放送では歯医者さんが登場します。
今朝も朝のニュースで動物園でもカバの歯を飼育員の方が大きな歯ブラシで歯磨きしている映像が流されていました。
山本歯科でも「虫歯予防 大作戦」という冊子を今日からお配りしております。スタッフが作ってくれました。


2019-06-03 14:20:48

ムシバ予防週間


6月4日は語呂合わせでムシバ予防週間です。
お子様たちも4月から学校が始まり健診シーズンです。
6月だけがムシバ予防ではありませんが、予防について意識することは大切です。
当院も毎年、豊中市の南桜塚小学校に歯科検診と保健巡回指導に6月中は2回行きます。保健巡回指導は歯科衛生士学校の学生さんが各クラスでムシバ予防の授業を受け持ち、一生懸命授業します。
この機会に予防の意識を少し高めてみてください。
2019-05-25 08:14:25

訪問歯科


昨年から知り合いの歯科医のお手伝いで施設や在宅への訪問歯科を勉強しています。
寝たきりや認知症の方は口腔内も入れ歯の方が多く、入れ歯も修理されないまま悪い状態で使用されている方がとても多いです。
入れ歯の治療をすることが多いですが、周りの方が気にしてあげないと治療をうけないまま悪い状態で食事もうまく取れないです。
高齢化がますます進み、対策をしていかなければなりません。
豊中市近辺の方はご相談ください。
2019-05-20 08:19:46

間食は怖い


多くの方が、「虫歯にならないようにするにはどうすればいい?」という質問に、答えは「歯磨きをきっちりする」と答えます。
間違いではないでしょう
ただ、いろいろ予防について知っていたほうが予防しやすいでしょうね~
間食の摂り方が虫歯のできやすさに非常に大きく関わっていることがわかっています。
お口の中に、水やお茶以外のほとんどの食べ物、飲み物を入れているとき虫歯が作られようとしています。逆に何も入れていないとき、虫歯を治そうとしています。これは唾液の働きで再石灰化が行われているからです。
ですから、三度の食事以外に何回間食をしているかで虫歯が進んでしまうか、虫歯の進行が抑えることができるかがきまってしまいます。
意外と間食って多くしてしまうものです。
注意しましょう。
2019-03-19 14:01:36

キシリトールの効果



ほとんどの方がキシリトールってムシバの原因にならない、砂糖とは違う、それくらいしか知らないみたいです。
実は、ムシバ予防のためにとても効果が大きいことを知っておいてください。
キシリトールは砂糖と違い、ムシバを作る原因の酸にほとんどならないだけでなく、ムシバ菌の働きを弱める効果もあるんです。
キシリトール100%配合ガムを毎食後噛むと2週間で歯垢が付きにくくなり、3ヶ月でムシバがかなりなりにくくなると言われています。
また、キシリトールはムシバ菌以外の口腔常在菌には働かないので、お腹がゆるくなることはないです。
2019-03-15 13:27:02

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ