口腔外科

口腔外科では一般歯科では処置の難しい、親知らずが歯茎の中に完全に埋まっている親知らずなどの抜歯手術、歯根嚢胞摘出術、外傷、炎症などの外科治療を行います。

また、高度な全身疾患やリスクの高いと思われる治療は大学病院・市民病院などと連携しております。

最新式高周波治療器導入により、今まで難しいとされていた根管治療・歯周病治療に、無麻酔・無痛で患者さんの苦痛を大幅に軽減します。
知覚過敏、口内炎も麻酔なしで治療できるようになりました。
口腔乾燥症、顎関節症による痛みの緩和にも高周波の照射だけで、効果があります。     

高周波治療器

以下の画像のように完全に顎の骨の中に横向きに向いて埋まってしまったままの親知らずも、特別な場合を除いて当院では抜歯手術が可能です。

親知らず

親知らずとは前から数えて8番目の歯のことを言い、一番奥に生える歯のことです。顎の大きさとのバランスなどで生えずに埋まったままの場合も多くみられます。

親知らずと言えば、「抜かなければいけない」「抜いたら腫れて痛む」などと想像しがちです。
親知らずといっても抜かないでいい場合も多くあります。親知らずがあることで他の歯などにリスクがある場合、斜めに生えていたり、生え方が悪く歯磨きがうまくできず悪くなってしまう可能性が非常に高い場合などは抜いたほうがいいことが多いです。

横向きに生えた親知らずのイラスト

また、親知らずといっても上顎と下顎の親知らずではまったく別です。仮に抜歯が必要となった場合でも上顎の親知らずの場合は多くの場合簡単に抜歯でき痛みや腫れなどもほとんど出ない場合が多いです。

逆に下顎の親知らずは条件が悪いと抜歯も難しく、腫れなども出る場合があります。上顎と下顎では顎の骨の形状や周囲の組織が全く違い、また歯が植わっている歯槽骨と言われる骨の質が違うためです。

現在では、顎の骨の成長が悪く歯並びが悪くなっていく傾向があります。親知らずも綺麗に生えずに問題を起こしやすくなっています。