口臭治療

口臭とは?

息とともに口から発生する臭気を口臭といいます。口臭は少なからず誰にでもあるものです。
口臭は様々な原因で引き起こされます。口臭の原因は、生理的なもの・精神的な病気・呼吸器の病気や糖尿病などの全身疾患など口腔内以外の場合もありますが、口臭の約8割がお口の中に原因があり、歯周病、むし歯、舌苔、歯垢や歯石などの汚れや歯の表面に付いた着色などによって引き起こされるものであると言われています。

口臭の種類と解消法

① 生理的口臭

朝の起床時や疲れたとき、緊張した時や空腹時に感じる口臭を生理的口臭といいます。特に起床時は誰でも口臭を感じやすいものです。寝ている間は唾液の分泌が少なくなるため細菌が増加し口臭が発生しやすくなるためです。
生理的口臭は誰にでも起こることがありますから気にすることはありません。うがいをしたり水を飲んだり、唾液を出すことにより解消されます。 

② 病的口臭

舌苔・歯周病・むし歯・唾液の減少などによって起こる口臭が病的口臭です。病的口臭は治療が必要です。

1. 舌苔(ぜったい)
口臭の大きな原因の一つが舌苔です。
舌苔とは古くなった細胞などが舌に付いたもので細菌によって分解されると悪臭を発します。舌苔が付きやすいのは舌の奥の部分です。
この部分をハブラシで軽く3~5回ほど磨いてください。

2. 歯周病・むし歯
歯周病が進行すると歯肉から出血や排膿が認められ、強い口臭を感じるようになります。
むし歯も大きくなるまで放置していたり、自分では気づかなくても、かぶせの中でむし歯が進行していたりすると口臭の原因になります。

3. 唾液の減少
唾液には口の中を消毒する役目があります。唾液が減少すると細菌が増え口臭が強くなります。高齢の方の口臭は唾液の減少が原因の場合が多いです。薬の副作用で唾液が減少する場合も多いです。
うがいをしたり、お茶を飲んだり、舌や口を意識的に動かし唾液の分泌を促してみてください。

③ 心因性口臭(自臭症)

生理的な口臭以外は認められないにもかかわらず、自分に口臭があると思われている方がいらっしゃいます。これを心因性口臭(自臭症)と言います。
心配な方は歯科医院で口臭検査をしてもらいましょう。

口臭検査

当院では、口臭測定器を導入して、口臭成分ガスの種類・濃度を分析しています。口臭の原因となる臭いがあるか、口臭の臭いの度具合をチェックします。

口臭の検査と治療

口臭検査以外にも豊中市の山本歯科では次のような項目により総合的に診断し、治療を行います。

  • お口全体のチェック(むし歯、歯周病の有無・程度、舌苔の付着状況、以前に治療したかぶせや詰め物、入れ歯などの状態)
  • 唾液の検査
  • 口臭測定

これらの検査により、口臭の有無の確認と原因の特定を行い、治療やクリーニングを行います。

口臭予防

歯と口の健康を守ることでほとんどの口臭は予防できます。それにはご家庭でのセルフケアと歯科医院での定期的なPMTCなどの処置を継続して行うことが大切です。

① ブラッシングの徹底
   普通の歯磨き以外にデンタルフロスや歯間ブラシを併用してください。
② 舌苔の除去
   一日一回、舌の表面に付着した舌苔を舌ブラシで取り除きましょう。
③ 洗口液の使用
   殺菌作用のある洗口液でお口をゆすぎましょう。