予防治療情報

ムシバにならないホントのお話(その3)

豊中市 曽根 緑地公園 桜塚 歯科 歯医者

お口の中にムシバ菌が住んでいることを知っていますか?
お子さんのおられるかたは保健指導や歯科医院などでお聞きになったことがあると思いますが3歳までご家族と同じ食器やお箸、スプーンなど使わないようにして大人のムシバ菌をお子様に移さないように注意しましょうと言われたことがあると思います。
ムシバ菌はいったん住み着いてしまうと歯磨きをいくらがんばってもいなくならないことがわかっています。
ですがあきらめるのはまだ早いです!

現在では虫歯菌を減らしたりムシバ菌のチカラを弱くしていくとっておきの方法があるんです。
キシリトールは皆さん聞いたことはあるけど本当の使い方・能力を知らないかたがほとんどです。
ムシバ予防先進国の北欧の国ではずいぶん前から食後に毎日家族でキシリトールガムをかむ習慣がありムシバにならないかたが非常に多いのです。

キシリトールを毎日5グラム以上摂取すると3か月で虫歯菌が減っていくと言われています。またキシリトールを取り込んだムシバ菌は弱っていくこともわかっています。
5グラムというと市販の100%キシリトールガムなら10粒、歯科医院専売のものなら5粒です。
ムシバにたびたびなっているかたやお子様のムシバ予防にはとてもチカラを発揮します。
またキシリトールはムシバ菌にしか作用しないこともわかっています。キシリトールでお腹が痛くなるということはありません。
効果的な噛み方は食後3回プラス食間に数回で一回につき味がなくなっても5分以上噛み続けることが必要です。
期間を限定するのではなく毎日の習慣にすることで大切な歯をムシバ菌から予防することができます。

これもおすすめです
最新の虫歯菌除去療法がバクテリアセラピーと言われるものです。
お口の中の悪玉菌(虫歯菌・歯周病菌)をロイテリ菌という乳酸菌(善玉菌)と置き換える方法です。
就寝前に一日一粒舐めるだけで約2か月毎日使用することで効果が出ることがわかっています。