予防治療情報

歯周内科

豊中市 曽根 緑地公園 桜塚 歯科 歯医者

今回は歯周病と歯周病治療のお話です。
歯科と言えばムシバと歯周病が二大疾患です。
歯周病の初期の段階では歯を磨くときに血が出たり歯茎がムズムズするといった症状しかありません。

しかし歯周病がさらに進行すると歯がグラグラしてきたり食べ物が歯に詰まりやすくなってきたり噛むと痛みが出てきたりします。ほとんどの方がこの段階でようやく「まずい!」と思い歯科医院へ駆け込みます。
ですが、これでは手遅れなのです。自覚症状が出てきている歯周病ではすでに歯を支えている骨(歯槽骨)が溶かされてきています。この溶かされた歯槽骨を元通りにすることは最先端技術を用いても非常に難しく不可能と言っても過言ではありません。ですから歯周病の治療は「健康だった時の状態に戻す」のではなく「これ以上に進行しないようにする」ことが目的となります。

歯周病に関しては特に予防が大切になるのです。
歯周病の最大の原因はプラークです。プラークとは歯垢と言われます。お口の中の歯に付いたプラークを除去することが歯周病予防の最大のテーマです。それをプラークコントロールと言いますが、従来の方法は正しいブラッシング(歯ブラシ・歯間ブラシ・デンタルフロスなどを使用)と定期的な歯科医院でのメンテナンスでした。もちろん今でもこの方法は歯周病予防には欠かせません。
またかなり進行してしまった歯周病に対しては歯周外科といって外科的に治療する方法がありますが、現在では薬による驚くべき効果的な方法も生まれています。
今までは歯周病は薬ではほとんど進行を止められなかったのです。抗生剤では腫れや膿を減らすくらいでしたが歯周病菌以外にカンジダというカビの一種も歯周病に関与していることがわかってきました。

歯周病菌とカンジダの両方を同時に薬により少なくしていくことで短期間で歯周病の症状を改善できるようになってきました。
またこれらの薬は歯周病の予防効果も非常に高いことがわかってきました。