予防治療情報

知覚過敏

豊中市 曽根 緑地公園 桜塚 歯科 歯医者

歯磨き粉のCMなどで「知覚過敏」という言葉を聞かれたことがあるかと思います。
冷たいものや温かいもの、酸味の強いものなどを飲食されたときや歯ブラシの毛先が当たった時などに歯の表面に「キーン」とした痛みが走ったことはありませんか?
知覚過敏はムシバとは違い一時的な痛みなのが特徴です。
知覚過敏は歯の表面を覆っているエナメル質が傷つき内面の象牙質が露出することで外部からの刺激を感じやすくします。
もしくは歯周病が進行し普通は歯茎に隠れている歯の根っこの部分が露出することでも起こります。

症状
1・冷たいものを飲んだ時だけ、または歯ブラシで磨いた時だけ痛む
2・痛みが短時間でおさまる
このようなときは知覚過敏の可能性があります。

知覚過敏の原因
1・誤ったブラッシング(歯磨きを強くしすぎたり、大きく動かしたりしすぎると歯の表面のエナメル質が削られてしまいます)
2・歯ぎしり(睡眠中の歯ぎしりは歯と歯がこすれてエナメル質が摩耗してしまいます)
3・食べ物や飲み物(酸の強い食品を回数多く摂っていると酸によりエナメル質が溶かされてしまうことがあります)
4・歯磨き粉(研磨剤の入っている歯磨き粉をたくさんつけて磨くことは避けたほうがいいでしょう)

知覚過敏の予防法
1・歯磨き粉は研磨剤の入っていないものを選ぶか、歯磨き粉を使用せずに歯磨きを正しくする。
2・正しいブラッシング方法の指導を受ける。
3・歯ぎしりが原因の可能性が高い場合はマウスピース・ナイトガードを装着して寝る。
4・酸の強い飲食物を多く摂っているかたは回数を減らす。
などが効果的かと思います。